chaser0/img0/Sudo-logo2015.jpg

ホーム 研究室概要 研究内容 プロジェクト メンバー 論文リスト 学会発表 計算機環境 学生・研究員募集 インターンシップ アルバム
YouTube 講義 CHASER 大気化学診断

メンバーリスト

大気環境・気候モデリング研究室メンバー(2017年度版)

 教員

氏名 メールアドレス(※<at>は@に変換ください)    専門研究テーマ
准教授須藤 健悟kengo<at>nagoya-u.jp 大気化学
大気科学
気象学
●全球化学・エアロゾルモデリング
●オゾン・メタン-OH変動
●大気組成・気候相互作用
●大気化学・エアロゾル相互作用
 (BC変質、二次有機エアロゾルSOA生成、
  ダスト・硫酸・硝酸相互作用)
●温暖化・大気汚染の同時低減
●陸域生態系・大気化学・気候相互作用など
客員准教授伊藤 昭彦生物学
植物生態学
●生態系モデル
●炭素循環
●窒素循環
●気候変動
●土地利用変化
特任助教Vazhathottathil MADHU大気科学
大気化学
●大気オゾン観測
●衛星データ解析
●気象・気候力学

 研究員・スタッフ 

氏名 メールアドレス(※<at>は@に変換ください)    専門研究テーマ
客員研究員関谷 高志tsekiya<at>jamstec.go.jp 大気化学
気象学
オゾン-気候相互作用、成層圏エアロゾル(火山噴火影響)、汚染物質半球間輸送
秘書外山 まみ(柴田研・長田研・持田研共通)教員・研究員・学生の観察・指導

 学生(2017年4月現在)

学年 氏名 メールアドレス(※-at-は@に変換ください)    出身大学研究テーマ
M2趙 舒悦???-at-h.mbox.nagoya-u.ac.jp 煙台大学(中国)陸域植生とその変動があたえる大気環境影響のモデリング
M1李 欣(神沢研連携)???-at-h.mbox.nagoya-u.ac.jp 厦門大学(中国)東アジア・中国からのエアロゾル輸送の変動解析
B4大西貴都???-at-h.mbox.nagoya-u.ac.jp 名古屋大学黒色炭素(BC)の長距離輸送過程
B4今井隆翔???-at-h.mbox.nagoya-u.ac.jp 名古屋大学衛星雲・降水データを用いた研究
研究生Ha Phuc???-at-h.mbox.nagoya-u.ac.jp ホーチミン大学(ベトナム)不均一反応モデリング
研究生趙怡然???-at-h.mbox.nagoya-u.ac.jp 厦門大学(中国)BVOCs/BSOA
交換留学生TROVATELLO Jasmin Lidia Tremayne???-at-h.mbox.nagoya-u.ac.jp Leeds大学(UK)TBD

chaser0/img0/cat_26.gif

 卒業生・修了生(OB/OG)

 博士課程修了(環境学研究科)

年度 氏名 学位博士論文テーマ
2013関谷 高志博士(理学)Interannual Variability and Long-term Change of Global Ozone Distribution: Roles of Transport and Chemical Processes
2011Muntaseer Billah博士(理学)Study of Urban and Regional Air Pollution in Bangladesh using a Regional Air Quality Modeling System
2010茶谷 聡博士(理学)日本国内の大気質に対する都市・半球スケール大気汚染の影響

 修士課程修了(環境学研究科)

年度 氏名 学位修士論文テーマ
2016山下 剛史修士(環境学)アジア・中国域からのエアロゾル流出量の季節・経年変動とその要因
2015磯野 結貴修士(環境学)全球ホルムアルデヒド分布の季節・年変動とその要因 :衛星観測および化学気候モデルによる推定
2015川渕 衣里修士(環境学)化学気候モデルを用いた 全球対流圏OHラジカルの 年々・長期変動とその要因の推定
2014熊 闖修士(環境学)中国域におけるPM2.5濃度変動のシミュレーション:気象場・輸送場の役割
2012和田 明久修士(理学) 黒色炭素の変質と長距離輸送: 化学・エアロゾル気候モデルを用いた全球シミュレーション
2012川田 大樹修士(環境学)成層圏における硫酸塩粒子の変動とその全球大気化学場への影響
2011清水 俊成修士(理学)硫酸塩エアロゾル全球分布に対するダストの影響の評価
2010荻原 由紀恵修士(理学)全球化学輸送モデルによる二次有機エアロゾルのモデリング
2010関谷 高志修士(理学)対流圏オゾン分布の経年変動:エルニーニョ南方振動と太平洋・北米パターンに伴う気象場変動のインパクト
2009高瀬 健太郎修士(理学)バイオマスバーニングによる微量気体放出過程の不確定性と全球対流圏光化学場に与える影響の評価
2009袪(セン) 博硯修士(環境学)火山起源SO2およびSO4の全球規模の輸送と化学変化過程

 学部卒業(理学部地球惑星科学科)

年度 氏名 学位卒業論文テーマ
2014山下 剛史理学中国域からのエアロゾル流出量および中国域内のエアロゾル収支の季節・経年変動
2010遠藤 寛也理学南極昭和基地への黒色炭素の長距離輸送と起源の推定
2008関谷 高志理学全球対流圏オゾン分布の変動要因:気象場の変動が及ぼす影響の解析

 スタッフ

年度 氏名 役職研究テーマ現所属
2009~2012 井上 忠雄 研究員エアロゾル変動と気候影響の解析海洋研究開発機構
2013~2014 茶谷 聡招聘教員領域スケール大気質モデリング国立環境研究所

その他・在籍生

年度 氏名 所属研究テーマ現所属
2012~2015 藤井 裕紀 修士課程BCの極域への長距離輸送海洋研究開発機構

 卒業生・修了生の進路

種別
民間企業テクノシステム株式会社、 (株)メイキコウ、 (株)東陽テクニカ、 (株)OKIソフトウェア、 鈴与システムテクノロジー株式会社、 エコムカワムラ株式会社、 (株)関電エネルギーソリューション、 (株) レノバ、 レキオスソフト株式会社
官公庁気象庁、 名古屋大学、海洋研究開発機構

 大学院学生(修了生含む)の出身大学

名古屋大学、京都大学、台湾大学、青山学院大学、東京理科大学、福岡大学、名城大学、Jahangirnagar University(バングラデシュ)、富山大学、茨城大学、大連民族学院大学(中国)、千葉大学、滋賀県立大学、煙台大学(中国)、厦門大学(中国)


chaser0/img0/cat_26.gif

 【※学生募集】

  • 大学院学生を募集中です。本研究室で、全球スケールの大気組成変動や気候相互作用の研究に参加したいという方は是非ご連絡ください!
  • 大気組成・大気環境や気候に関して様々な視野・興味を持った方を歓迎します。当研究室は化学気候モデルを土台とした数値モデルシミュレーションを柱に研究を進めていますが、特に博士前期課程(修士課程)に関しては数値シミュレーションの経験がない方でも大歓迎です。

(環境学研究科・入試情報)

 【※博士研究員募集】

  • 当研究室を受け入れ先とした、日本学術振興会(学振)特別研究員への応募を歓迎いたします。興味をお持ちの方はご連絡ください。(学振以外の研究員募集は現在行っておりません)

chaser0/img0/cat_02.gif